白髪染めの市販ランキング!男性編を紹介

白髪染めに悩んでいる方へ

 

毎回白髪染めが面倒だし、美容院も高くて・・・

 

 

そんなお悩みの方へ!

 

 

いつものシャンプーを変えるだけで白髪を染められる
大人気の白髪染めシャンプーを使用すれば、
自宅のお風呂場で簡単に染められます!

 

 

 

 

 

 

白髪の悩み。これは女性だけではなく男性だって同じことです。

今や市販の白髪染めはどれを選んでよいのか分からなくなるぐらいたくさんあります。

男性が自宅で手軽にできる市販の白髪染めについてランキングにしながら調べてみました。

みんなが何を使用しているのか、ランキング形式にしてあるので参考にしてみてください!

 

 

男性が白髪染め選びを失敗しないポイント!

 

 

自宅で手軽に白髪染めができたら、美容室に行く時間も手間もお金も節約できます。

 

 

 

しかし、現在の市販の白髪染めは種類も豊富で色・使用方法までかなりのラインナップで選べない程あります。

 

 

 

まずは種類選びからです。

 

 

 

大きく分けて3つに分類して、それぞれの特徴を見てみましょう。

 

 

 

特徴を理解すれば、自分のニーズにあったタイプが選べ、失敗せずに白髪染めを選ぶことができます!

 

 

 

ヘアカラー

 

 

メリットは1回で良く染まることです。

 

 

ヘアカラーは髪のキューティクルを一度開いて、そこへ薬剤を浸透させる方法です。

 

 

染まり方も良く、長持ちするので経験された方も多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、髪へのダメージが一番ひどいのがヘアカラーの最大のデメリットです。

 

 

キューティクルを開いているので白髪染め後のお手入れをかなりやらないと、どんどん傷みます。

 

 

 

ヘアマニキュア

 

 

ヘアマニキュアは、髪の毛の表面に色を塗るので、髪の毛のキューティクルを傷めずに済みます。

 

 

マニキュアという言葉からもやり方は想像しやすいですね。なので色の種類も豊富なのも特徴です。

 

 

ただし、注意点はヘアマニキュアは明るく染めることに向いていないことです。

 

 

 

黒髪の上に色をのせることは難しく、まだ黒髪のほうが多い方は白髪の部分だけが明るい色に染まり、ツートンになってしまいます。

 

 

 

また、ヘアカラーに比べると髪や頭皮に優しい代わりに、洗うたびに色落ちするので色持ちが悪く、頻繁に染めなければならないこと覚悟です。

 

 

 

そして、ヘアマニキュアは薬剤が皮膚に付着しないように注意が必要です。

 

 

 

自分で顔や首に付着しないようにするにはテクニックがないと難しいです。

 

 

 

トリートメントタイプ

 

 

トリートメントなので、最大のメリットは髪の毛や頭皮に優しいことです。

 

 

 

白髪はずっとお付き合いしなければならない相手なので、長い目で見て、髪の毛や頭皮に安心して使用できるタイプです。

 

 

 

しかし、だんだんに染めていくので1回では染まりません。また、色持ちも良くはありません。

 

 

 

毎日のシャンプー・リンスの後に使いますが、毎日となると煩わしいと感じる方もいるでしょう。

 

 

 

このように3つそれぞれに、メリット・デメリットがあります。

 

 

特徴を理解できれば、失敗せずに白髪染めを選べますね。

 

 

 

白髪染めは市販をオススメしない理由

 

 

自分で白髪染めができたら良いですよね。

 

 

 

でも美容室との仕上がりの違いにはみなさん気づいていると思います。

 

 

 

美容室で白髪染めしてもらうとサラサラですが、市販の白髪染めは何だか髪が傷むし、手触りも悪い感じがします。

 

 

 

その違いには白髪染めの成分である薬剤があげられます。

 

 

 

市販の白髪染めは「誰にでも簡単に染められる」が重要です。

 

 

 

どんな髪の毛でも、素人でも染まるということは、市販の白髪染めは、つまりは強い薬剤でできているということなんです。

 

 

 

これが美容室と市販の白髪染めの違いです。

 

 

 

強い薬剤=髪の毛のダメージにつながる仕組みなんですね。

 

 

 

それならば、ヘアマニキュアならばダメージは少ないから良いんじゃん?って思われるかもしれません。

 

 

 

しかし、次に市販をオススメしない理由にあげるのが、何といっても技術力の差です。

 

 

 

ヘアマニキュアのデメリットは、皮膚に薬剤が付着すると専用のクリームでないと消せないということです。

 

 

 

素人だと後頭部や耳周りなど、付着させずに染めるのはとても難しいと思います。

 

 

 

また頭皮にもあまりつけたくないですね。

 

 

 

このように市販をオススメしないのには、ダメージと技術力です。

 

 

 

長い間ダメージを続けると抜け毛などにもつながります。

 

 

 

染める技術力はもちろん、ダメージや個人の髪質などまで理解して染めてくれるので、美容室での白髪染めの方が安心です。

 

 

 

白髪染めランキング男性にはこれ!

 

 

市販のメンズ用白髪染めのランキングトップ3をご紹介します!

 

市販の白髪染めは種類が多くて迷ってしまう!そんな時の参考にしてみてください。

 

 

 

1位利尻カラーシャンプー

 

 

白髪に悩む方は一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

ヘアカラーやヘアマニキュアに髪の毛や頭皮に負担がかかるため、長いお付き合いになる白髪染めはなるべく負担がかからないものを選びたいですよね。

 

 

 

将来、ハゲにはなりたくない・・・ならばこの白髪染めがお勧めです。

 

 

 

こちらの利尻カラーシャンプーは、なんと!いつものシャンプーをこれに置き換えて使用するだけなんです。

 

 

 

これならば、毎日のことなので手間を感じずにできるので手軽です。

 

 

 

また天然成分の利尻昆布エキスが配合されているなど、27種類の植物成分からできているので、保水力にも優れていて使用するほど白髪が染まるだけでなく、ハリやコシも出てきます。

 

 

 

髪の毛や頭皮への負担がなく、抜け毛予防にもなりますね。

 

 

 

カラーはブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンの4色あります。

 

 

 

お値段は200mlで通常3,500円なのでシャンプーとしてのコスト的には少々高めで、毎日のことなので他のヘアカラーなどとは比較しづらいです。

 

 

 

また、徐々に白髪を目立たなくさせるので即効性はないので、すぐに隠したい方には向きません。

 

 

 

 

利尻カラーシャンプーへ

 

 

 

 

2位ルプルプ

 

 

2位は、ルプルプヘアカラートリートメントです。

 

 

 

こちらは毎日のシャンプー・リンスの後に使用するタイプです。

 

 

 

トリートメントなので、髪の毛や頭皮にダメージを与える成分は入っていません。

 

 

 

ガゴメ昆布から抽出したフコイダンというエキスが使用されていて、このフコイダンはとても保水力に優れている成分で昆布のネバネバのもとです。

 

 

 

これだけで髪の毛や頭皮に優しいことが分かりますね。

 

 

 

頭皮の乾燥も防いでくれるので抜け毛予防につながります。

 

 

 

シャンプー・リンス後の濡れた髪の毛に適量を添付し、20分程置いた後にすすぎます。

 

 

 

安心の成分なので気になる生え際やモミアゲに塗り込んでも大丈夫なんです。これは助かります。

 

 

 

男性だとトリートメントは面倒だという方もいるかもしれませんが、

 

 

 

ルプルプは1回でなかなかしっかり染まるので、使い始めに毎日頑張って、あとは自分のペースで1日置きとかに使用してみるのも良いですね。

 

 

 

カラーはブラウン・ダークブラウン・モカブラウン・ソフトブラックの4色です。

 

 

 

お値段は200gで通常3,000円です。毎日ではないにしてもコストは少々高めです。

 

 

 

そしてこちらも、徐々に染まるタイプなので即効性を求める方には向いていません

 

ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

 

 

 

3位グローリンサンクロス

 

 

3位はグローリンサンクロスです。

 

 

 

こちらは1、2位と劇的に違うのは洗い流さないということです。

 

 

 

とても手軽でクリームを白髪に添付して光に当てると、白髪が染まる仕組みです。

 

 

 

光成分が配合されていてクリームが光を吸収すると、変化していきます。

 

 

 

太陽の光でも、室内の電気の光でも染まります。

 

 

 

汗や水にも強いので外出前に添付するだけで5分程度で染まっていきます。

 

 

 

タオルなどにも付着しないのですが手は時間が経つと黒くなるのできちんと洗い流さなければなりません。

 

 

 

白髪染めの薬剤は配合されておらず、シルク成分が配合されていて、なめらかな手触りが特徴です。

 

 

 

光成分とシルク成分なので髪の毛や頭皮へも安心です。

 

 

 

ただし、カラーのバリエーションがダークブラウンのみなのが残念です。

 

 

 

お値段は30gで通常5800円、月1回の使用で使い切るとしては少々お高いですが、手軽さを考えればお得ですね。

 

 

簡単白髪染め「グローリン・サンクロス」

 

 

 

白髪染めを長持ちさせるコツ

 

 

白髪染めを少しでも長持ちさせたい!誰もが思うことですね。

 

 

 

これには、白髪染めをした後のケアーが大切です。何もしなかったら持続期間は短くなるといっていいほどです。

 

 

 

すべての髪の毛に共通するのは、キューティクルです。濡れた髪はキューティクル全開です。

 

 

 

男性は濡れたままで自然乾燥で寝るなんて人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

お風呂から上がったら、とにかく!いち早く乾かすことが一番大事です。

 

 

 

あとは、予備洗いです。シャンプー前にシャワーのみで洗っていますか?

 

 

 

これだけでほとんどの汚れが落ちていると言われています。

 

 

 

まずは予備洗い1分を目標にやってみましょう。

 

 

 

洗浄力の強いシャンプーで洗う時間が短くなるので、色持ちは良くなります。

 

 

 

速攻で乾かす・予備洗い、すぐにでも実行できます!

 

 

 

面倒くさがらずに、将来の白髪やハゲ対策だと思って頑張りましょう。

 

 

 

白髪染め市販ランキングまとめ

 

 

自宅で手軽にできる白髪染め。

 

 

 

市販の白髪染めはたくさんあり、自分に最適なものを見つけるのに迷ってしまいますね。

 

 

 

まずは白髪染めの種類と特徴を知った上で、チョイスしてみてください。

 

 

 

やみくもに安価なものに手を出さないようにしましょう。

 

 

 

安価なものは強い成分が含まれています。

 

 

 

白髪はこの先ずっと付き合っていくものなので、白髪染めは髪の毛や頭皮に優しいことが一番です。

 

 

 

あとは普段のお風呂の習慣も少しだけ見直してあげるだけで、色も長持ちさせられるので、ぜひ実行してみてください。

 

 

手軽に白髪を染めるならこれ!

 

いつも白髪染めは市販ので染めている方も多いと思いますが

 

 

実は市販の白髪染めは危険です!

 

 

染めた後に髪がパサパサしたりゴワゴワした経験がある方も多いはずです。

 

成分が良くなかったり、使い続けると髪の質が悪くなり最悪髪が薄くなってしまうことも・・・

 

 

でも美容院は高くて、なかなか大変・・・という方も多いですよね。

 

 

今は自宅で簡単に市販以外で染めることができる方法があるのです。

 

 

それが白髪染めシャンプーです。

 

 

 

 

毎日髪を洗うのは当たり前になっていますよね?
いつものシャンプーと変えて白髪染めシャンプーにするだけです。

 

 

1回では染まりませんが、毎日シャンプーすることで徐々に染まっていきます。

もちろん成分もいいので髪へのダメージもほとんどありません。

 

 

ずっと使い続けても大丈夫です。

 

 

毎回白髪染めが面倒という方や、美容院は高くてなかなか染められないという方には

 

とてもオススメできる方法ですので一度試してみるといいと思います